Home > スポンサー広告 > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続き

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/51-9f87722d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Karafuto Blog

Home > スポンサー広告 > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続き

Home > user javascript > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続き

User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続き

user javascript

Karafuto Blog User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続きです。

Opera User JavaScriptの練習です。

サイトにアクセスキーがあったらその要素の前にアクセスキーを示す要素を挿入する

アクセスキーのラベルのような感じで表示する。

// ==UserScript==
// @include *
// @exclude 
// ==/UserScript==

document.addEventListener('load', function() {
    var list = document.evaluate(
    '//*[@accesskey]',
    document,
    null,
    XPathResult.UNORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPE,
    null);

    for (var i = 0; i < list.snapshotLength; i++) {
        var elm = list.snapshotItem(i);
        var span= document.createElement('span');
        span.style.cssText = 'padding: 0 2px;' + 'margin: 0;' + 'background-color: yellow;' +
            'color: black;' + 'font: 12px sans-serif;' + 'border: 1px solid gray;';

        // アクセスキー属性の値を取り出す
        var key = elm.getAttribute( 'accesskey');
        // アクセスキーの値のテキストノードを作成
        var txt = document.createTextNode( key);
        span.appendChild(txt);
        elm.parentNode.insertBefore( span, elm )
    }
}, false);

XPathで accesskey属性を持つすべての要素を見つける。

結果の型に UNORDERED_NODE_SNAPSHOT_TYPEを指定すると、snapshotItem(itemNumber) メソッドによって XPath式にマッチした要素にアクセスできる。

cssTextでスタイルを span要素にまとめて設定。

getAttributeNode()でaccesskey属性の値をとる。

アクセスキーのラベルを表示するスクリプトの例

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/51-9f87722d
Listed below are links to weblogs that reference
User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続き from Karafuto Blog

Home > user javascript > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩の続き

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。