Home > スポンサー広告 > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/47-3be1e790
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Karafuto Blog

Home > スポンサー広告 > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩

Home > user javascript > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩

User JavaScriptの練習 - XPathの一歩

user javascript

Opera User JavaScriptを分からん人間が練習してます。

XPathを使ってみる

サイトに accesskey属性を持つ要素があったら、ページの上に黄色い線を出す。

下のスクリプトでは、アクセスキーのあるサイトでも黄色い線が表示できない場合もあります。

// ==UserScript==
// @include *
// @exclude
// ==/UserScript==

document.addEventListener('load', function() {

    // accesskey属性を持つすべての要素を見つける
    var flag = document.evaluate(
    '//*[@accesskey]',
    document,
    null,
    XPathResult.BOOLEAN_TYPE,
    null);

    if ( flag.booleanValue) {
        var elm = document.createElement('p');
        elm.style.padding = '5px';
        elm.style.margin  = '0px';
        elm.style.backgroundColor = 'yellow';
        document.body.insertBefore( elm, document.body.firstChild );
    }
}, false);

evaluate()から XPathを使用して、要素や属性などを探す。

accesskey属性を持つすべての要素を見つけるXPath式

//*[@accesskey]

結果の型に BOOLEAN_TYPEを指定しているから booleanValueプロパティに真偽値が返される。このスクリプトの場合、ページにアクセスキーあれば flag.booleanValueに'true'が入る。

Operaのアクセスキー

Operaでアクセスキーを使うには、Shift + Escを押すとアクセスキーモードに切り替わり、アクセスキーのリストが現れる。そこでアクセスキーを押す。

Operaのアクセスキーのリスト

参考にしたサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/47-3be1e790
Listed below are links to weblogs that reference
User JavaScriptの練習 - XPathの一歩 from Karafuto Blog

Home > user javascript > User JavaScriptの練習 - XPathの一歩

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。