Home > スポンサー広告 > サクラエディタのマクロ - h1タグ挿入

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/34-b510fd42
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Karafuto Blog

Home > スポンサー広告 > サクラエディタのマクロ - h1タグ挿入

Home > sakuraeditor > サクラエディタのマクロ - h1タグ挿入

サクラエディタのマクロ - h1タグ挿入

sakuraeditor

h1タグ挿入のサクラエディタマクロをJScriptで作ってみた。

Karafuto Blog サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1)とほとんど同じです。

違うのは、最後に改行を加えないようにしたのと、選択した文字列の最後の文字が改行の時は終了タグを改行の前に入れるようにした。

h1タグ挿入のJScript

//<h4></h4>

var moveX, strSelect, staTag, endTag, lastChar, strShortSelect;

strSelect = "";
staTag = "<h4>";
endTag = staTag.replace( "<", "</");
moveX = staTag.length;


if ( Editor.IsTextSelected > 0 ) {
    strSelect = Editor.GetSelectedString;
}

//現在位置を移動履歴に登録
Editor.MoveHistSet ( );

//タグの挿入
strSelect = strSelect.replace( /(\r\n|\n\r|\r|\n)/g,  "\r\n" );
lastChar = strSelect.charAt( strSelect.length - 1);
strShortSelect = strSelect.substring( 0, strSelect.length - 2)
if ( lastChar == "\n" ) {
    Editor.InsText( staTag + strShortSelect + endTag + "\r\n");
} else {
    Editor.InsText( staTag + strSelect + endTag);
    Editor.Right();
}

//選択した文字列がない場合、カーソル移動
if ( strSelect == "" ) {
    Editor.MoveHistPrev ( );
    for ( i=0; i < moveX; i++ ) {
        Editor.Right();
    }
}

マクロの動作

選択した文字列がある場合はh1タグで囲い、カーソルは次の行に移る。
<h1>(選択した文字列)</h1>
(カーソルの位置)
選択した文字列がない場合はh1タグを挿入して、カーソルが開始タグと終了タグの間に来る。
<h1>(カーソルの位置)</h1>

ダウンロード

h1タグ挿入のサクラエディタマクロ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/34-b510fd42
Listed below are links to weblogs that reference
サクラエディタのマクロ - h1タグ挿入 from Karafuto Blog

Home > sakuraeditor > サクラエディタのマクロ - h1タグ挿入

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。