Home > スポンサー広告 > Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/167-c9733a05
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Karafuto Blog

Home > スポンサー広告 > Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript

Home > user javascript > Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript

Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript

user javascript

User JavaScriptで翻訳された日本語

Yahoo! Pipesで英語を翻訳するパイプを作った。Yahoo! Pipesはフィードだけでなく、JSONや JSONPでもデータを返してくれるので、そのパイプから JSONPデータを受け取る User JavaScriptを作成して、Operaのコンテキストメニューからスクリプトを呼び出すようにしてみた。

Yahoo! Pipesで英語を日本語に翻訳するパイプ

英語を日本語に翻訳するパイプ

  1. 「Text Input」モジュールで英語を入力する。
  2. 「Translate」モジュールで文字列を日本語に翻訳する。
  3. 「Item Builder」モジュールでフィードを作成する。'title'を「Text Input」モジュールと、'description'を「Translate」モジュールとつなぐ。

作成した英語を日本語に翻訳するパイプ

英語を日本語に翻訳するパイプの JSONPの URL

http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.run?_id=FidANf8t3RGDU4Kvjtzu1g&_render=json&textinput1=(英語)&_callback=(関数名)

JSONPデータ
(関数名)({
    "count":1,
    "value":{
        "title":"\u82f1\u8a9e\u3092\u65e5\u672c\u8a9e\u306b\u7ffb\u8a33\u3059\u308b"(英語を日本語に翻訳する),
        "description":"Pipes Output",
        "link":"http:\/\/pipes.yahoo.com\/pipes\/pipe.info?_id=FidANf8t3RGDU4Kvjtzu1g",
        "pubDate":"(日時)",
        "generator":"http:\/\/pipes.yahoo.com\/pipes\/",
        "callback":"(関数名)",
        "items":[
            {"title":"(英語)","description":"(Unicodeエスケープされた翻訳した日本語)"}
        ]
    }
})

Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript

選択した英語の文字列を作成したパイプに渡し、パイプから返ってきた JSONPの中の翻訳した日本語を表示する。

  1. 文字列が選択されていなければ、何もしないで終わり。
  2. パイプから空のデータしか返ってこなければ、「翻訳に失敗しました」と表示して、終わり。
  3. パイプからデータが返ってくれば(必ずしも翻訳に成功したとは限らない)、左上に表示する。
  4. マウスを少し動かすと、表示を消す。

パイプに送る英語の文字数を 2000語までにした。それ以上選択していても、先頭から 2000語で切る。パイプで改行が削除されてしまうので、2000語でも見づらいぐらいだ。

ダウンロード

yahoopipes_translate_englishintojapanese.js

Operaのコンテキストメニューから User JavaScriptを呼び出す

上のUser JavaScriptをダウンロードして、User JavaScriptを保存するフォルダにコピーする。

Operaのメニューファイルの[Hotclick Popup Menu]に以下を追加すれば、右クリックメニューから Yahoo! Pipesで英語を翻訳できるようになる。

Item, "Yahoo! Pipes翻訳(英日)" = "Go to page, "javascript:opera.yahooPipesTranslate()""

注意:Yahoo! Pipesのサービスに頼っているので、Yahoo! Pipesに障害などが出て、スクリプトが思うように動かないこともありえます。翻訳の精度の方はあれです。

参考にしたページ

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/167-c9733a05
Listed below are links to weblogs that reference
Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript from Karafuto Blog

Home > user javascript > Yahoo! Pipesで英語を翻訳する User JavaScript

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。