Home > スポンサー広告 > サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1)

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/11-8fd9064d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Karafuto Blog

Home > スポンサー広告 > サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1)

Home > sakuraeditor > サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1)

サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1)

sakuraeditor

サクラエディタでブログを編集しているので、VBスクリプトでHTMLタグ挿入のマクロを作ってみた。

今回は簡単なタグと言うことで、p要素挿入のマクロを作った。

pタグ挿入のVBスクリプト

'<p></p>
'属性のつかない要素、開始タグと終了タグのある要素に限る

Dim i, moveX, strSelect, staTag, endTag

staTag = "<p>"
endTag = Replace( staTag, "<", "</")
moveX = Len(staTag)


'選択した文字列があるか判定
If Editor.IsTextSelected Then 
    strSelect = Editor.GetSelectedString
'   選択した文字列をコピーしたい場合は Editor.Cut にかえる
    Editor.Delete
End If

'現在位置を移動履歴に登録
Editor.MoveHistSet ( )

'タグの挿入
Editor.InsText staTag & strSelect & endTag & VbCrLf


'選択した文字列がない場合、カーソル移動
If strSelect = "" Then
    Editor.MoveHistPrev ( )
    For i=1 To moveX 
        Editor.Right()
    Next
End If

マクロの動作

  • 選択した文字列がある場合はpタグで囲い、カーソルは改行したところに来る。

    <p>(選択した文字列)</p>
    (カーソルの位置)
  • 選択した文字列がない場合はpタグを挿入して、カーソルが開始タグと終了タグの間に来る。

    <p>(カーソルの位置)</p>

マクロの変更

p要素のほかの要素でも、属性のつかない要素、開始タグと終了タグのある要素であるならば、スクリプトの6行目 staTag = "<p>"のところの要素名を書き換えればうまくいくと思います。

例  staTag = "<pre>"

こんな簡単なマクロを長々と書きやがってと怒っている人は、Macro/カテゴリ - SakuraEditorWikiから探しましよう。いろいろ便利なマクロがあります。

記事を書き上げて、VBスクリプトのファイルをアップロードしようとして、分かったんだけど、VBスクリプトのファイルはアップロードできないのね。せっかく書いたのに。もったいないから削除しないけど。

う~ん、JavaScriptで書き直すか。面倒くさいけど。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://karafuto50.blog117.fc2.com/tb.php/11-8fd9064d
Listed below are links to weblogs that reference
サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1) from Karafuto Blog

Home > sakuraeditor > サクラエディタのマクロ - pタグ挿入 (1)

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。