Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Visual C++ 2008 Express Editionをインストールした

Visual C++ 2008 Express Edition with SP1

「日経ソフトウエア」の「本当にゼロから学ぶC/C++」を読んだら、ちょっと面白そうだったので、Visual C++ 2008 Express Edition with SP1をインストールしてみた。

  1. Visual Studio 2008 Express Edition の DVD イメージ(Visual Studio 2008 Express Edition with Service Pack 1 Combo DVD)をダウンロード。
  2. DVDを作るのが面倒だったので、Alcohol 52% Free Editionで 1.のイメージファイルをマウントした。
  3. CD/DVDドライブを自動再生しないように設定してあるから、マウントしてできた仮想ドライブを開き、Setup.htaを実行して、インストールした。

オフラインでインストールしたからちょっと手間がかかってるが、Web インストールなら 931.8MBもダウンロードしなくてすむし、ファイルをマウントする必要もない。

インストールされたファイル

(インストールオプションで「Microsoft SQL Server 2008 Express Edtion」は選択していない)

  • Microsoft Visual C++ 2008 Express Edition with SP1 - 日本語版
  • Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable - x86 9.0.30729
  • Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 Headers and Libraries
  • Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 SP1 Express Tools for Win32
  • Microsoft Windows SDK for Visual Studio 2008 SP1 Express Tools for .NET Framework - jpn
  • Microsoft SQL Server 2008 Management Objects
  • SQL Server System CLR Types

森信雄の日々入門詰将棋の CSS

  • 2009-04-25 (Sat)
  • css

森信雄の日々入門詰将棋

森信雄の日々入門詰将棋の CSSを書いてみた。ブログのタイトルは入門詰将棋となっているが、けっこう難しい。

右のカラムの固定幅を可変にした。将棋盤の間隔を広げて、中央に少し寄せた。

/* 右カラムの幅を可変 */
body > table {
    width: auto !important;
    background: #cceaff !important;
}
body > table > tbody > tr > td > table {
    width: auto !important;
    background-repeat: no-repeat !important;
    background-position: 50% !important
}
body > table > tbody > tr > td > table > tbody > tr > td:nth-child(2n) {
    width: 100% !important;
}
td.main_txt {
    background: #cceaff !important;
}
td.entry_title {
    background-image: none !important;
}

/* 将棋盤の間を広げる */
td.main_txt > object {
    display: block !important;
    margin: 2em auto 2em 25% !important;
}
td.main_txt > a {
    display: block !important;
    margin: 2em auto 4em 25% !important;
}

本当は解答の Flashの将棋盤を大きくしたかったが、拡大すると太い線が現れてしまう。

td.main_txt > object > embed { 
    width: 125% !important;
    height: 125% !important;
}

Flashの将棋盤

splitメソッド

Stringオブジェクトの splitメソッドは区切り文字で分割された配列を返す。文字列に区切り文字が含まれないか、区切り文字が省略された時、文字列全体の要素が一つの配列が返される。

split(区切り文字, 配列の最大要素数)

var text = '1-2-3-4-5-6-7';
var ary = text.split('-');
alert(ary);    // 1,2,3,4,5,6,7

返される配列に区切り文字は含まれない。しかし、文字列の先頭あるいは最後に区切り文字がある場合は、空の要素として配列に含まれる。

var text = '-1-2-3-4-5-6-7';
var ary = text.split('-');
alert(ary);    // ,1,2,3,4,5,6,7

区切り文字が空文字列の時は、文字列が一文字ごとに分割された配列が返る。

var text = 'JavaScript';
var ary = text.split('');
alert(ary);    // J,a,v,a,S,c,r,i,p,t

区切り文字には正規表現も指定できる。正規表現にキャプチャする「()」が使われていると、配列に含まれる。「()」を使いたいが配列に加えたくない時は、「?:」でキャプチャしないようにすればいい。

var text = '1-2-3-4-5-6-7';
var ary = text.split(/(-)/);
alert(ary);    // 1,-,2,-,3,-,4,-,5,-,6,-,7

var ary = text.split(/(?:-)/);
alert(ary);    // 1,2,3,4,5,6,7

Home > 2009年04月

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。