Home > 2007年09月

2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

サクラエディタのマクロ - ul,olタグ挿入

今回は、ul,liタグ挿入のサクラエディタマクロをJScriptで書いてみた。

ul,liタグ挿入のスクリプト

//<ul>
//  <li></li>
//</ul>

var listArray, strInsert;
var list = "" ;
var strSelect = "" ;
var listNumber = 5;    // 文字列を選択してない時のli要素の数


if ( Editor.IsTextSelected > 0 ) {
    strSelect = Editor.GetSelectedString;
    Editor.Delete;
    strSelect = strSelect.replace( /(\r\n|\r|\n)/g,  "\r\n" );
    listArray = strSelect.split("\r\n");
    for (var i = 0; i < listArray.length; i ++) {
        if ( listArray[i] != "") {
            list = list + "  <li>" + listArray[i] + "</li>\r\n";
        }
    }
}
else {
    for (var i=0; i < listNumber; i++) {
        list = list + "  <li></li>\r\n";
    }
}

strInsert = "<ul>\r\n" + list + "</ul>\r\n";

Editor.InsText( strInsert );

マクロの動作

  • 文字列を選択しているときは、一行ずつliタグで囲む。空の行(改行だけの行)は削除しています。

    <ul>
      <li>(選択した文字列)</li>
      <li>(選択した文字列)</li>
      <li>(選択した文字列)</li>
    </ul>
    
  • 選択されていないときは、空のリストを作成する。
    <ul>
      <li></li>
      <li></li>
      <li></li>
      <li></li>
      <li></li>
    </ul>
    

    リストの数を変えたいときは、8行目のlistNumberの数を変える

    var listNumber = 5;
    

改行コードはCRLF ( 0d 0a )です。

ダウンロード

ついでにol,liタグ挿入のサクラエディタマクロのスクリプトもあげといた。ulをolに置換しただけです。ul,liタグ挿入のマクロと動作は同じです。

キャプラをfenrirから起動 (2)

キャプラをfenrirから起動(1)で設定していなかったコマンドラインを足した。

自動的にスクロールしてキャプチャー

AutoHotkeyを使います。

  1. キャプラが起動していたら、キャプラを強制終了
  2. 設定ファイル(Capu.ini)の「ウインドウを自動的にスクロールさせる」(AUTOSCROLL=1)にチェックする
  3. マウスカーソル上のウインドウまたはコントロールが矩形表示されるので、キャプチャしたいウインドウにマウスカーソルを合わせて矩形表示されたら左クリックか Space キーを押す(これだけは人が操作する必要がある
  4. キャプラが自動的にスクロールしてキャプチャー
  5. キャプチャーが終わったら、設定ファイル(Capu.ini)の「ウインドウを自動的にスクロールさせる」(AUTOSCROLL=0)のチェックを外す
キャプラが自動的にスクロールしてキャプチャーする Autohotkeyスクリプト
Process, Close, CapWrite.exe
IniWrite, 1, C:\Program Files\CapWrite\Capu.ini, ALL, AUTOSCROLL

RunWait, C:\Program Files\CapWrite\CapWrite.exe /C3 /A5`;"C:\Documents and Settings\Karafuto\Downloads"

sleep 500
IniWrite, 0, C:\Program Files\CapWrite\Capu.ini, ALL, AUTOSCROLL

CapWriteAutoscroll.ahk

キャプチャした画像をPNGで保存する。フォルダパスを保存したいフォルダに書き換えること。

Autohotkeyスクリプトを呼ぶfenrirのコマンドファイル

キャプラをfenrirから起動(1)で用いたfenrirのキーのコマンドファイルにAutohotkeyスクリプトを起動するコマンドラインを追加する

自動スクロール PNGで保存(アクティブウィンドウ)(&S) | "C:\Program Files\AutoHotkey\Scripts\soft\capwrite\CapWriteAutoscroll.ahk"

キャプラを終了

どういう条件でなるのか分からないが、キャプラが残ってしまうことがあるので、キャプラを強制終了するAutohotokeyスクリプトも書いた。

Process, Close, CapWrite.exe

CloseCapWrite.ahk

たった一行これだけです

そして例のfenrirのコマンドファイルにAutohotkeyを呼び出すコマンドラインを足す。

キャプラを終了(&X) | "C:\Program Files\AutoHotkey\Scripts\soft\capwrite\CloseCapWrite.ahk"

FC2ブログのフォームコントロールを操作するブックマークレット - 旧管理画面編

  • 2007-09-28 (Fri)
  • blog

FC2ブログ>旧管理画面>新しい記事を書くページのフォームのコントロールに、フォーカスを移す、ボタンを押す、ラジオボタンを選択するブックマークレットです。

ただし、旧管理画面の新しい記事を書くページ用なので注意するように。新管理画面はもちろん、旧管理画面の過去の記事の修正ではフォームのコントロール要素のname属性が違うためほとんど使用できません。

ブックマークレット

タイトルにフォーカス
記事の内容>タイトルの文字入力フィールドにフォーカスを移す。
カテゴリにフォーカス
記事の内容>カテゴリの選択メニューにフォーカスを移す。
本文にフォーカス
記事の内容>本文のテキストエリアにフォーカスを移す。
ファイルのアップロード
記事の内容>ファイルのアップロードのボタンを押す。
記事をプレビュー
記事の内容>プレビューボタンを押す。
記事を保存
記事の内容>記事のボタンを押す。

直接記事保存だと、押し間違える可能性があって嫌だと言う人は、下のフォーカスのブックマークレットにして下さい。

記事を保存するボタンにフォーカス
記事の内容>記事のボタンにフォーカスを移す。
追記にフォーカス
「続きを読む」の設定>追記のテキストエリアにフォーカスを移す。
ユーザータグの設定にフォーカス
記事の設定>ユーザータグの設定の文字入力フィールドにフォーカスを移す。
記事を公開
記事の設定>エントリーの状態>公開のラジオボタンを選択する。
記事を下書きにする
記事の設定>エントリーの状態>下書きのラジオボタンを選択する。

ブックマークレットの作成

ブックマークレットの例 - フォームコントロールにフォーカス

フォームのコントロール要素にid属性がある場合
javascript:(function(){f=document.getElementById("category");if(f){f.focus();}})();

categoryの部分がidです。ここを操作したいコントロールのidと入れ替えればいい。

フォームのコントロール要素にname属性がある場合
javascript:(function(){f=document.getElementsByName("newentry[category]");if(f){f.item(0).focus();}})();

newentry[category]の部分がnameです。ここを外のコントロール要素のnameと入れ替えればいいのはid属性と同じだが、コントロール要素のname属性は1つとは限らないのでitem( )で順番を指定する必要がある。

変則的なものもあるが、大体これで実行できると思う。

フォーム情報

Continue reading

whiteテンプレートのカスタマイズ

  • 2007-09-26 (Wed)
  • blog

FC2ブログ公式テンプレートのwhiteをちょっと編集してみた。

リンクの色を削除

スタイルシートのa:link,a:active,a:visitedのスタイルを削除した。

初期設定のグレーは分かりづらいからブラウザで設定した色で表示されるようにした。

リンクの下線は表示したほうがいいのか分からない。

画像の枠線を消した

.body img {
    border: 0px;
    margin: 0 0.7em 0 0;
}

引用のスタイルを追加

div.body blockquote {
  margin: 1em 1em 0.5em 1em;
  padding: 0.5em;
  border: 2px dotted #ccc;
}

em要素のスタイルを追加

div.body em {
  color: #c00;
  font-style: normal;
}

テーブルのスタイルを追加

テーブルには何もスタイルが指定されてなく真っ白けだったので、枠線を付けた。

セルとセルが離れているのが嫌だったので、結合した。

div.body table, div.body th, div.body td, div.body tt {
  border: 1px solid #ccc;
  border-collapse : collapse;
}
div.body th {
  background-color : #f7f7f7;
}

あふからDFを起動

foobar2000 version 0.9.4.4にアップデートした。

foobar2000のバックアップしておいたファイルとアップデートしたファイルを比べた。

比べるのに用いたソフトはDFです。異なったファイルが色分けされて分かりやすい。

DF

あふのメニュー

DFからファイル(フォルダ)を開いてもいいが、あふから起動させると楽だ。メニューかキーにコマンドを設定する。私はあふのメニューに書いた。

あふの同じ窓の選択したファイル(フォルダ)をDFで比べる。
"DF(同じ窓)" "C:\Program Files\df\DF.exe" $J $MF
あふの両方の窓の選択したファイル(フォルダ)をDFで比べる。
"DF(両方の窓)" "C:\Program Files\df\DF.exe" $MF $MO

Home > 2007年09月

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。