Home > software

software Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Internet Explorer 8をインストールした

Internet Explorer 8

Windows Updateを手動で実行したところ、Internet Explorer 8が優先度の高い更新プログラムに出てきたから、インストールしてみた。Internet Explorer 8を使って、気になったところをメモ。

アクセラレータ

アクセラレータ

ページのテキストを選択して、検索などの Webサービスを利用する。プレビューが可能なアクセラレータはページ上に結果を表示する。ページを移動せずに結果を表示することはJavaScriptでも作れないことはないけど、アクセラレータが用意されていれば簡単にサービスの種類が増やせる。

アクセラレータの説明では、ページのテキストを選択すると現れる青い矢印のボタンをクリックして、メニューにマウスカーソルを合わせると、検索などの結果がページ上に表示されると書いてあるが、普通に右クリックメニューからも利用できる。というか、右クリックのほうが早いと思うけど。

Webスライス

Webスライス

お気に入りバーからページの一部の更新情報を表示することができる。RSSじゃあダメなのかなあ?自分でページを切り取れるのならまだしも、サイトで用意されてないと使えないのがな。

Webスライスを表示している時、表示からマウスカーソルを外すと、重くなる(?)。

タブのグループ化

タブのグループ化

タブをグループ化して、色で分ける。同じページから開かれたページは同じグループになり、タブを別のグループに移動させるとそのグループに変わるようだ。タブグループをまとめて閉じることもできる。

タブごとにグループに分けられているので、タブに前のページと全く関係ないページを開いてもそのまま同じグループのままになる。それと、これはタブグループの問題ではないが、タブがたくさんあっても色で見分けやすいのに、あまり多くタブを開くとタブが隠れてしまう。

開発者ツール

HTML、CSS、JavaScriptを調べて、いじれる。ブラウザに開発者ツールが付いてくるのが普通になったな。

あとメニューに、スクリプトや CSSの無効化、要素の情報の表示、要素のアウトライン表示、画像の情報の取得、キャッシュと Cookieの消去や更新、ツール、HTMLや CSSなどの検証、互換性モードのテストなどがある。その中でツールメニューのルーラーとカラーピッカーがちょっと面白いと思った。

ルーラーは水平、垂直だけでなく、斜めにも置ける。拡大鏡も付いている。

ルーラー

カラーピッカーは色を取得するだけ。

カラーピッカー

Internet Explorer 8 新機能紹介ムービー

地球調査員タラバハチロー

Internet Explorer 8 新機能紹介ムービー の主人公、地球調査員タラバハチローがもうちょっと見たくなった。

参考にしたページ

TrueCryptを使ってみた

TrueCrypt

TrueCryptは暗号化した仮想ドライブを作成することができるオープンソースのソフトウェア。Windows、Mac OS、Linuxで使える。

Language Packsから「日本語 Language Packs」をダウンロードしてきて、インストールフォルダにコピーすれば、日本語化される。「日本語 Language Packs」の中には日本語に翻訳されたユーザーズガイドも入っていて、かなり詳しく書かれている。

ボリュームの作成

TrueCryptボリューム作成ウィザード

  1. 「ボリュームの作成」をクリック。TrueCryptボリューム作成ウィザードのウィンドウが現れる。
  2. 「暗号化されたファイルコンテナを作成」を選ぶ。
  3. 普通は、TureCrypt標準ボリュームを選ぶ。
  4. ファイルの選択でボリュームのコンテナファイルを作成する。ファイルの拡張子は何でもいい。すでにあるファイルを選択してもいいが、上書きされる。
  5. 暗号化アルゴリズムとハッシュアルゴリズムの選択はそのままでいいかと。
  6. ボリュームのサイズを決める。
  7. パスワードを入力。
  8. ウィンドウの中で30秒以上マウスを動かすといいことがあるらしい。フォーマットをクリックすると、ボリュームが作成される。

仮想ドライブの使用

TrueCryptのウィンドウに表示されている使われていないドライブレターを選び、ボリュームを作成したコンテナファイルを選択して、マウントをクリック。パスワードを入力すると、ファイラーからディスクドライブとして使えるようになる。

仮想ドライブを使った後は、アンマウントしておく。

隠しボリュームの作成

外殻ボリュームの中に隠しボリュームを作成する。

  1. 「ボリュームの作成」をクリック。TrueCryptボリューム作成ウィザードのウィンドウが現れる。
  2. 「暗号化されたファイルコンテナを作成」を選ぶ。
  3. 前の時とは違い、TureCrypt隠しボリュームを選ぶ。
  4. 通常モードを選ぶ。
  5. ファイルの選択でボリュームのコンテナファイルを作成する。
  6. ここから外殻ボリュームの設定。
  7. 暗号化アルゴリズムとハッシュアルゴリズムの選択はそのまま。
  8. 外殻ボリュームのサイズを決める。
  9. パスワードを入力。
  10. ファイルシステムに NTFSを選ぶと、隠しボリュームのサイズは外殻ボリュームの半分以下しか選べなくなる。フォーマットをクリックすると、外殻ボリュームが作成される。
  11. 続けて、隠しボリュームを作成する。
  12. 暗号化アルゴリズムとハッシュアルゴリズムの選択。
  13. ボリュームのサイズを決める。隠しボリュームの最大サイズが表示される。
  14. パスワードを入力。
  15. フォーマットをクリックすると、隠しボリュームが作成される。

仮想ドライブの隠しボリュームの使用

普通の仮想ドライブと同じように、使っていないドライブレターを選び、ボリュームを作成したコンテナファイルを選択して、マウントをクリック。後は、外殻ボリュームを使う時は外殻ボリュームのパスワードを、隠しボリュームを使う時は隠しボリュームのパスワードを入力すると、ディスクドライブとして使えるようになる。

後から外殻ボリュームにデータを保存する場合、隠しボリュームが上書きされる危険性があるので、外殻ボリュームのパスワードを入力する時、マウントオプションで「隠しボリュームを外殻ボリュームへの書き込みによる破損から保護する」にチェックして、隠しボリュームのパスワードを入力しておく。

マウントオプション

GreenPadのフォント設定

サクラエディタは、Shift-JIS、JIS、EUC、Unicode、Unicode(BigEndian)、UTF-8、UTF-7といろいろな文字コードが使えて便利だが、内部ではテキストを Shift-JISに変換して扱っているため Shift-JISに含まれていない文字だと表示できない。だから、Unicodeに対応しているGreenPadを使ってみた。(現在サクラエディタはUnicode対応版の開発が進行中らしい。)

GreenPadは機能が少ないぶん起動が速い。ただ、フォントの設定が GUIからはできない。フォントを設定するには、インストールフォルダ内の typeフォルダにあるレイアウトファイル (*.lay)の「ft=フォント名、sz=フォントサイズ(例 ft=メイリオ sz=11)」を書き換える。レイアウトファイルは文書タイプ(ファイル名)ごとに設定する。どのレイアウトファイルを書き換えるかは設定ファイル(GreenPad.ini)を参照する。

Firefox 3をインストール

今頃、Firefox 3をインストールした。

Firebugや Web Developerを利用する時だけ、Firefoxを起動しているので、インストールする拡張機能は少ない。

Firefox 3にインストールした拡張機能

DOM Inspector
DOMの調査。Firefox 3からは拡張機能になったようで、DOM Inspector :: Firefox Add-onsからインストールできる。
Firebug
HTML、CSS、JavaScriptの解析、編集など。Firebug 日本語版(ベータ版)を入れてみた。公式のものでも簡単な英語なんだけど、日本語だと安心感がある。
Web Developer
HTML、CSS、JavaScript、Cookieなどをあれこれ、いろいろ。日本語版の配布先がInfoaxia(インフォアクシア)からミナトラボに移った。
Live HTTP Headers
HTTPヘッダの表示。何となく入れてみた。
Greasemonkey
サイトでユーザスクリプトを実行できるようにする。(入れたのを忘れてた。)

Firefox 3になって気になったこと

  • メモリの使用量が減った。Firefoxはメモリの使用量が半端じゃなかったんで減ったことは驚かなかったけれど、減った量がなかなか。気分的には3割以上減った(?)。
  • オプション>セキュリティの「攻撃サイトとして報告されているサイトを表示するときに警告する」、「偽装サイトとして報告されているサイトを表示するときに警告する」を設定してあると、「Google Safe Browsing」のページに飛んでるようなんだけど、タイミングがちょっと気になる。

あふの似非マウス操作モード

似非マウス操作モードは、あふである程度マウス操作が出来るようになる機能。

どうも v0.217(from Aprilfool)あたりからあるようなのだけど、今まで(あふ v0.224)見つけられなかった。このモードは【あふ】本体のシステムメニューから『 似非マウス操作 』にチェックを入れる事によって有効となります。と、AFX.TXTファイルに書いてあったのを勘違いして、あふの設定を探していた。 システムメニューは、Alt+Spaceを押すか、ウィンドウのタイトルバー左にあるアイコンをクリックすると、左上に出てくるメニューのことだった。

それと、AFX.INIファイルの [CFG]に「RAT=1」を追加しておくと、あふは似非マウス操作モードで起動する。あふを起動する度に、いちいちシステムメニューの似非マウス操作にチェックを入れなくて済む。

あふはキーボードでほとんど操作できるのでマウス操作がなくても困らないけど、タイミング的に使いたくなることがあるかもしれない。

マウス操作の中で私が使いそうなのは、ファイル窓のファイルを左クリックして、カーソル移動。今までは、ファイルをクリックしてもカーソルが左右のファイル窓に移動するだけだったが、似非マウス操作モードではカーソルがファイルの位置まで動いてくれるようになった。あとは、ファイルを右クリックしておなじみのコンテキストメニューかな。

ロッカージェスチャ(左クリックをしながら右クリック、あるいは右クリックしながら左クリック)もあるんだけど、左クリック右クリックはファイル操作メニュー(複写・移動・削除など)で、右クリック左クリックは上のマーク(選択)からカーソルまでのすべてファイルをマークする機能になっている。Operaで慣れてしまったので進む、戻るにしてほしい気もするけど、ファイラーではあまり履歴の移動はしないか。

Home > software

おまかせリンク(R)
全記事表示リンク
Search
Meta
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。